トピックス

ミャンマー/通信事業(携帯電話、インターネット、固定電話)への投資案件(海外投資保険の引受)


2015年10月28日

独立行政法人 日本貿易保険(NEXI)

 独立行政法人日本貿易保険(NEXI)は、ミャンマーにおけるKDDI株式会社(以下、KDDI)、住友商事株式会社(以下、住友商事)の出資に対する海外投資保険の引受を決定致しました。

 KDDIと住友商事は、ミャンマーの政府機関であるMyanma Posts & Telecommunications(以下、MPT)と共同で2014年9月よりミャンマーにおける通信事業を開始しています。KDDIと住友商事は、シンガポールに設立した合弁会社KDDI Summit Global Singapore Pte. Ltd.(以下、KSGS)を通じて、ミャンマーにKDDI Summit Global Myanmar Co., Ltd.(以下、KSGM)を設立しました。KSGMが日本側主体としてMPTと締結した共同事業に係る契約に基づき携帯電話、インターネット、固定電話に係る事業を行っています。NEXIは、KSGSを通じたKSGMに対するKDDI、住友商事の出資について、海外投資保険を引き受けます。

 ミャンマーでは、2012年末の携帯電話普及率は約10%と低い水準であり、ミャンマー政府は2016年までに80%とする通信インフラ目標を設定しています。本事業はこうしたミャンマー政府の方針のもと、KDDI、住友商事との共同事業により、新規通信設備を導入し、携帯電話、インターネット、固定通信サービスにおいて世界最高水準の品質を誇る「日本品質」のサービスを提供するものです。

 NEXIは、今後も日本の公的金融機関として、本邦企業の事業拡大に寄与するプロジェクトを積極的に支援してまいります。


(ご参考)
保険種 海外投資保険
被保険者 KDDI株式会社、住友商事株式会社
最終投資先 KDDI Summit Global Myanmar Co., Ltd.
てん補範囲・付保率 非常危険95%

お問い合わせ先 営業第一部 Tel:03-3512-7668

前のページへ戻る
ページの先頭へ