トピックス

東・南アフリカ貿易開発銀行向け輸出クレジットラインの設定


2016年8月29日

独立行政法人 日本貿易保険

独立行政法人日本貿易保険(NEXI)は、8月27日~28日にケニア・ナイロビで開催された第6回アフリカ開発会議(TICAD VI)において、アフリカの地域開発金融機関である東・南アフリカ貿易開発銀行(Eastern and Southern African Trade and Development Bank、以下PTA Bank)に対し、融資限度額40百万米ドル(NEXI分)を限度とする輸出クレジットラインを設定いたしました。

本クレジットラインは、株式会社三井住友銀行(SMBC)及び国際協力銀行(JBIC)との協調融資(協調融資総額は80百万米ドル限度)によるものであり、NEXIはSMBCの融資部分に対し融資保険を引き受けます。本件はサブサハラアフリカを中心とする地域の事業者が、日本からの建機、機械設備等を購入する際に必要な資金をPTA Bankを通じて融資するものです。

NEXIは、PTA Bankとの間で2007年2月に第一次輸出クレジットラインを設定しており、本件はこれにつづく第ニ次案件となるものです。

NEXIは、2013年6月に開催された第5回アフリカ開発会議(TICAD V)以降、アフリカ19カ国の貿易保険における引受方針の緩和や、アフリカ投融資促進特別保険(通称‘ASIST’=African Sustainable Export and Investment Support Insurance)創設によるカントリーリスクのカバー率引き上げ等により、本邦企業のアフリカ向け事業活動を積極的にサポートしております。

NEXIは、今後とも、日本の輸出信用機関として、アフリカにおいて需要の高まりがみられるインフラ開発・整備プロジェクトを含む、様々な分野における本邦企業のアフリカ向けビジネスの拡大を支援してまいります。


お問い合わせ先
営業第二部 インフラストラクチャーグループ
Tel: 03-3512-7674


✽1 輸出クレジットラインは、輸出金融の一形態であり、日本からの設備等の輸出を促進するため、あらかじめ一定金額の融資枠を設けておくものです。

前のページへ戻る
ページの先頭へ