トピックス

チリ共和国/ Huatacondo太陽光発電プロジェクト(融資保険の引受)


2017年6月23日

株式会社 日本貿易保険

 株式会社日本貿易保険(NEXI:代表取締役社長 板東一彦)は、Huatacondo太陽光発電プロジェクトに対する融資保険の引受を決定いたしました。本件はNEXIとして初となる、いわゆるマーチャント・パワープラント1へのプロジェクトファイナンスに対する保険引受となります。

 本プロジェクトは、双日株式会社(双日)、四国電力株式会社(四電)、米国Sojitz Corporation of America(Sojitz America)、フランス共和国Eiffage S.A.(Eiffage)が共同で出資するAustrianSolar Chile Cuatro SpA2を通じて、チリ共和国(以下、チリ)北部アタカマ砂漠に位置するHuatacondo地区で発電容量98.0MWの太陽光発電所を建設し、完工後はチリの電力卸売市場に売電するものです。

 チリ政府は、2050年までに総発電量に対する再生可能エネルギー比率を70%とする目標を掲げ、現地広域電力会社に対しても一定の再エネ調達義務を課す等、積極的な再エネ導入促進政策を進めています。本プロジェクトは、同国の方針に沿って、温室効果ガス排出低減に貢献していくものであり、また、発電を通じて同国の経済・社会の発展へ寄与することが期待されます。

 電力公社等を相手とした売電契約付きの案件とは異なり、本件はマーチャント・パワープラントであり、電力卸売市場からの売電収入が返済原資となることから、電力需給動向によっては市場電力価格が変動し、返済原資が想定よりぶれる可能性があります。しかし、太陽光パネルの価格下落や世界的に見ても日射量豊富な好立地であることから、コスト競争力が同国火力発電所を凌ぐ状態にあることを勘案し、引受採択に至ったものです。

 本プロジェクトにおいて、NEXIは、AustrianSolar Chile Cuatro SpA が調達する協調融資(総額73.31百万米ドル)のうち、株式会社三井住友銀行、株式会社みずほ銀行、株式会社伊予銀行の計3行の民間金融機関による融資の一部(47.20百万米ドル)に対して保険を適用します。

 NEXIは、今後も日本の政策金融機関として、本邦企業による海外事業展開を通じて、温室効果ガス排出低減が見込まれるインフラ開発を積極的に支援してまいります。

(ご参考)
被保険者 株式会社三井住友銀行
株式会社みずほ銀行
株式会社伊予銀行
保険価額 47.20百万米ドル
保険責任期間 約18年
てん補範囲・付保率 非常危険100%、信用危険90%

 お問い合わせ先       営業第二部 電力グループ Tel: 03-3512-7340



1 発電事業者が電力卸売市場における売買を目的に運営する発電所。チリは、電力自由化が進展しており、発電セクターのみならず、送電セクター・配電セクターにおいても独立系民間事業者が参入している。

2 出資割合:双日(45%)、四電(30%)、Sojitz America(15%)、Eiffage(10%)。

前のページへ戻る
ページの先頭へ