トピックス

「地球環境保険」の引受開始について


2009年2月27日

独立行政法人日本貿易保険

我が国の省エネ・新エネ技術の移転等により温室効果ガスの排出低減に貢献する取組みの一環として、1月30日(金)より、海外事業資金貸付保険及び海外投 資保険について、「地球環境保険」(引受枠:2兆円(10年間))の引受を開始しているところですが、今般、貿易一般保険及び貿易代金貸付保険について、 同保険の引受を開始させていただくこととなりましたので、お知らせいたします。なお、制度の詳細につきましては、下記の相談窓口までお問い合わせいただけ れば幸いです。

1.商品内容

  1. 対象となる保険種
    ・貿易一般保険(包括保険(機械設備、企業総合)、個別保険)、貿易代金貸付保険、
    海外事業資金貸付保険、海外投資保険
  2. 保険料
    ・非常料率、信用料率とも、現行料率に同じ(非常付保率の引上げ分に対する保険料が必要となり
    ます。)
  3. 付保率
    ・非常危険: 100%(現行97.5%)
    ・信用危険: 現行付保率に同じ(現行最高95%)
  4. 付保対象
    ・温室効果ガスの排出削減に資する設備・機器の輸出及びプロジェクトとして、一定の要件を満たすものが対象となります。
海外事業資金貸付保険、海外投資保険及び貿易代金貸付保険の対象となるプロジェクトは、省エネ、新エネ(注)、原子力、ウラン開発、CDM、CCS、植林 の7分野に係るプロジェクトです。なお、省エネについては、別紙1に掲げられる設備・機器の導入を主たる内容とする事業に限ります。
(注)新エネルギーは、太陽光発電、太陽熱利用、バイオマス発電・熱利用・燃料製造、廃棄物発電・熱利用・燃料製造、燃料電池、天然ガスコジェネ、クリーンエネルギー自動車、水力発電、地熱発電を指します。
貿易一般保険及び貿易代金貸付保険につきましては、別紙の設備・機器が対象となります。(省エネについてはこちら、省エネ以外についてはこちらをご覧ください。)

2.実施体制等

・貿易一般保険(エビレスの場合を除く。)及び貿易代金貸付保険につきましては、保険申込時に、付保対象となる設備・機器であることを確認する ための資料の提出をお願いいたします。(海外事業資金貸付保険、海外投資保険及び貿易代金貸付保険(プロジェクトを対象とする場合)については、従来と同様の 申込方法にて引受を行う予定です。)
・なお、上記資料につきましては、構造図・写真のほか、輸出契約書に設備・機器の型番の記載がある場合は、その型番に対応するカタログ・機器リストなど、資料内容のみから対象設備・機器であることが確認できるものに限ります。

3.引受開始時期

・海外事業資金貸付保険及び海外投資保険につきましては、1月30日(金)より引受を開始しています。(→海外事業資金貸付保険の規定類についてはこちらを、海外投資保険の規定類についてはこちらをご覧ください。)
・貿易一般保険及び貿易代金貸付保険につきましては、3月6日(金)より引受を開始いたします。(→包括保険につきましては、特約締結・更新に引受開始となります。また、規定類については、上記引受開始日前までにお知らせいたします。)

4.相談窓口

・営業第一部営業企画グループ(03-3512-7665(直通))

前のページへ戻る