Webマガジン e-NEXI

Webマガジン e-NEXI

特集
トルコ共和国/病院PPPプロジェクト向け投融資に対する保険の引受について
~病院PPPプロジェクトの引受第1号案件~

 NEXIは、トルコ共和国(以下、トルコ)における病院PPP1プロジェクト向け投融資に対し、保険の引受を決定いたしました。本件は、NEXIとして初の病院PPPに対する保険引受になります。

 本件は、双日株式会社(双日)とトルコの大手建設会社であるルネサンスグループが、共同で出資するイスタンブールPPPヘルスケア投資を通じて、イスタンブール市北西部のイキテリ地区に敷地面積76万㎡、病床数2,682の大規模病院を設計・建設し、25年間にわたる保守・運営を行うプロジェクトです。双日は保守・運営会社にも出資し、我が国の優れた病院運営のノウハウをトルコに導入する計画です。

 トルコでは、人口増加や2008年の国民皆保険制度による医療へのアクセス改善によって患者数が増加の一途を辿っており、施設の整備が追いついていない状況です。このような状況下、トルコ政府は民間資金活用(PPP)による病院建設事業を進めており、総数40,000床の整備・運営事業を計画しています。本件はその中心となるプロジェクトであり、トルコにおける医療環境の改善に貢献することが期待されています。

完成予想図
完成予想図

(提供:双日)

 本プロジェクトにおいて、NEXIは、協調融資(総額約1,630億円)のうち、株式会社三井住友銀行、日本生命保険相互会社、株式会社三菱東京UFJ銀行、スタンダード・チャータード銀行東京支店、第一生命保険株式会社及び株式会社伊予銀行が融資する約650億円に対して保険を適用します。

 また、NEXIは、本プロジェクト向けに双日が出資する約334億円に対して投資保険を適用するとともに、世銀グループのMultilateral Investment Guarantee Agency(多数国間投資保証機関、本部:ワシントンDC)が引き受ける双日投融資の一部に対して再保険を供与することにより、双日の本プロジェクトへの出資参画を支援します。

 2017年7月21日に本プロジェクトの署名式がイスタンブール市のチュラーン宮殿で開催されました。署名式にはトルコのエルドアン大統領も出席し、日本、トルコ双方の本プロジェクト関係者やトルコ政府関係者が参加する非常に盛大な式典でした。また、会場付近の道路沿いには日本及びトルコの国旗並びに双日及びルネサンスの社名が記載された旗が掲揚されるなど、祝賀ムードに満ち溢れるとともに、本プロジェクトの重要性を物語っていました。

 NEXIからは板東代表取締役社長が出席し、エルドアン大統領の面前でスピーチ及び署名を行いました。エルドアン大統領からは本プロジェクトに代表される病院建設事業の意義や日本への感謝の言葉が述べられました。

  • 会場となったチュラーン宮殿
    会場となったチュラーン宮殿
  • スピーチする板東社長
    スピーチする板東社長
  • 署名するエルドアン大統領
    署名するエルドアン大統領
  • 署名する板東社長
    署名する板東社長
  • 会場となったチュラーン宮殿
    会場となったチュラーン宮殿
  • スピーチする板東社長
    スピーチする板東社長
  • 署名するエルドアン大統領
    署名するエルドアン大統領
  • 署名する板東社長
    署名する板東社長

 NEXIは、今後も日本の政策金融機関として、日本企業による海外インフラ展開や医療機器等の国際展開を支援してまいります。



1 PPP=Public Private Partnership(官民連携)

ページの先頭へ