Webマガジン e-NEXI

NEXIニュース

平成28年度アジア等貿易保険研修(貿易保険協力円滑化事業)開催報告

 1月30日(月)から2月3日(金)の1週間の日程にて、平成28年度貿易保険協力円滑化業務が開催されました。本事業は、アジアを中心とした各国の輸出信用機関(ECA)又は管轄省庁の管理職クラスの職員を経済産業省が招聘し、NEXI職員による講義や双方向のディスカッション等を通して、各参加国における貿易保険制度の更なる発展と、当該制度が整備途上にある国・地域における職員の能力向上を目的として、毎年度開催しているものです。

 本年度は、ブラジル(ABGF)、中国(SINOSURE)、インド(ECGC)、インドネシア(ASEI)、ミャンマー(Myanmar Insurance)、南アフリカ(ECIC)、ベトナム(ベトナム財務省)から7名の研修生が参加しました。
 講義は貿易保険制度の概要から各商品の特徴、与信管理、査定・回収、カントリーリスク、各種ガイドラインなど貿易保険の基礎を一通り学べる内容となっており、研修生は講師に対して次々に質問するなど非常に熱心に講義を受けていました。研修生によるプレゼンテーションのセッションでは各国の貿易保険制度や現在の取組などを紹介するとともに、活発な意見交換を行いました。

研修生によるプレゼンテーション
研修生によるプレゼンテーション

ディスカッションの様子
ディスカッションの様子

 また、NEXIにおける講義以外に経済産業省において貿易保険に関する日本の政策を学ぶとともに、磯子火力発電所では世界最高の技術を誇る日本の石炭火力発電設備を見学・体感するなど、研修生には非常に幅広い経験をしていただけたと思います。

 さらに、NEXI役職員とも講義や意見交換会を通じて積極的な交流が図られました。初日及び最終日の夜に開催した意見交換会には講師を含む多数のNEXI役職員も参加し、打ち解けた雰囲気の中、様々な情報交換が行われました。

昼食会の様子
昼食会の様子

閉講式
閉講式

 今後も、本業務のような取組を通じ、各国の関係機関との協力関係を構築することにより、日系企業の国際的な事業展開支援につなげてまいります。