Webマガジン e-NEXI

NEXIニュース

2017年度日独・日仏・日韓二国間協議開催報告

 NEXIは毎年、貿易保険の取組実績や関連する課題について、率直な意見交換や情報共有を行い、我が国の貿易保険制度の一層の充実を図るため、他国輸出信用機関(ECA)と二国間協議を実施しております。本年11月から12月にかけて日独・日韓は東京で、日仏は広島で、それぞれ開催しました。

 ドイツからはドイツ経済技術省及びEuler Hermesから総勢4名が、フランスからはフランス財務省、Bpifrance 及び同社の親会社であるNatixisから総勢5名が、韓国からはKsureから8名がそれぞれ出席し、活発な議論が行われました。各協議において、それぞれの国のビジネス状況、組織改編、中小企業支援、引受案件のある国々の経済状況、OECD関連事項及び経営課題等が議題に取り上げられました。

 日独協議では、顧客サービスを充実させる方法の1つとして、新しいウェブサイト開設やソーシャルメディアの活用について説明がありました。現在Euler Hermesは、自社の提供するサービスに顧客がより速く、簡単にアクセスできることが重要との方針のもと、動画サイトでの自社チャンネルの開設や、顧客が手軽に利用できるポータルサイトをリリースするなど、顧客サービスの充実により一層注力しているとのことでした。

 日仏協議では、昨年まで政府勘定のもとで運営していたECA業務をBpifranceに移管したことに触れられ、課題となっている中小企業支援への取組に注力していることについて説明がありました。Bpifranceのサービスを利用するクライアントと意見交換する機会を設け、提供するサービスの改善点等を聴取することにより、ニーズの把握に務めているとのことでした。

 また、日韓協議では、中小企業支援に積極的に取り組んでいることについて説明がありました。Ksureは保険のカバー率等の面で中小企業を優遇したり、韓国政府が認定した有望な中小企業に海外バイヤーの保証枠を優先的に設定したりする等の取組を行っているとのことでした。また、Webサービスについても説明がありました。Ksureはバイヤー照会や短期保険の申込等が可能な「Cyber Branch」を運営しており、モバイル端末への対応や使用頻度の高いメニューを1ページに集める等、ユーザーフレンドリーなデザインにリニューアルを行ったとのことでした。

 今年度の二国間協議は、NEXIの特殊会社化後初めて開催されたものです。各国とも昨年度のNEXIの実績だけではなく、特殊会社化後のNEXIの組織形態や、今後注力していく取組について高い関心を寄せていました。また、各国とも今年度は新たな取り組みの開始や組織の業務移管などを経た年となり、双方の機関がより一層の自国企業の海外進出を支援できるよう、積極的に活動していくことが確認できました。

 今後も、こうした二国間協議などの場を通じて他国ECAとの率直な意見交換を行うとともに、積極的に交流を深め、協力関係を強化してまいります。

  • 日独二国間協議写真
    日独二国間協議写真
  • 日仏二国間協議写真
    日仏二国間協議写真
  • 日独二国間協議写真
    日独二国間協議写真
  • 日仏二国間協議写真
    日仏二国間協議写真

日韓二国間協議写真
日韓二国間協議写真

(撮影:NEXI)

ページの先頭へ